滝群景勝地

2012-4-27 ソース:

九影滝。常年水が流れる滝で、滝の高さは71メートル、幅は約8メートルで、岩性の差や断層作用により形成させ、滝の底部にある2つの長い花岡岩床が角閃斜長片麻岩(注:地質専門用語)に差し込み、下は深い水槽があり、水槽の面積は50平方メートルで、長年水が枯れることなく、滝の水のカーテンは空を走って降りて、ざわめきます。この滝を見ると李白の有名な詩である「飛流直下三千尺、疑うらくは是れ銀河の九天より落つるかと」の本当の意味を体感する事ができる。このあたりの大気に含まれるマイナス酸素イオンの含有量は相当高く、天然の森林浴の地です。冬場に、九影滝は白いカーテンのように川の前にかけており、カーテンの両側には数えきれない程の真珠ビーズのように見えて、カーテンの頂きには数えきれないほどの氷柱で構成されたヒゲを伸ばし、瓊宮玉府のように清々しく、聖潔です。

 情人滝 この滝は高さ44メートル、幅10—15メートルで、断崖型滝で、水槽の下には大小様々な2つの花岡岩があり、岩体には大別雑岩捕虜体(注:地質専門用語)があります。この滝は勢いが柔らかく、幾重にも折り畳んで、勢いに乗じて降りて、まるで少女がその美しい髪を撫でるようなものです。詩に曰く、「滝の緑が共に老後生活を過ごし、渡し船は千年を仕えてる」。冬になると折り畳んた玉タワーのように、タワーの両側の氷の柱はタワーを保護する金童玉女のようで、雲と霧がもうもうと立ち上がる紫色の煙のようです。

 淑女滝。滝の高さは57メートル、幅は10—16メートルで、長年流れる滝です。流れる水は二長花岡岩斜節理面(注:地質専門用語)にそって降りてきて、水槽に注入し、澄んだクリスタルのようです。水が石壁にそって流れ曲線が鮮明な三広と二狭を形成し、長いスカートをはく少女は林海の深いところで舞い上がるようです。

 銀弓滝。この滝の落差は68メートル、幅は11-15メートルで、二段階の長年流れる滝で、流れる水は二長花岡岩斜節理面(注:地質専門用語)にそって降りてきて、約100平方メートルの深い水槽に注入し、中からオオサンショウウオ(サンショウウオ)が見え、この滝はまるで飛び立つ銀色の弓のようで、緑の木と満開の花の中に、的を射る目標を探し、なんて逞しい壮観なのでしょうか!

 結びの言葉  湖の5つの一線でつながる滝は、5つのまっ白いリボンが空にかけ、5本のシルバーなドラゴンが空から飛んできたようです。見上げると、青空を映る松の木の影から噴水し、見下ろすと、深い水槽に落ちて玉樹瓊花を起こし、万匹の馬が走り、嵐が来そうな壮観さがあります。